コクリニック 韓国で美しくなりましょう。
韓国で美しくなる方法や韓国の医療施術を紹介するブログです。韓国でのレーシック、韓国でのインプラントなども紹介しています。韓国で旅行を楽ししみながら心も体もきれいになりましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科インプラント

最近は歯科インプラントの手術を受ける歯科患者の年令層もとても多様になっているが年令層に関係なく治療相談をすると共通な関心事はやっぱり痛いのかということだ。手術中の痛症はもちろん手術後の痛症についても皆が恐ろしさを感じながら聞く。
もちろん既存のインプラント手術法が手術後に痛症を伴うのは仕方ないことだがこれを心配するあまり多くの人々が手術を恐れて遠のいて行くのを見て来たので痛くない手術法に対する研究をするようになった。今まではメスを使って歯ぐきを切開した後歯ぐきの骨を露出させ、インプラントを手術してまた歯ぐきを縫合する手術法をしていたので手術後の痛症とむくみを避けることができなかった。


image002.gif

それで最近本院ではモデル分析,放射線での断層撮映診断,コンピューターシミュレーションなどの多くの方法を利用して歯ぐきの骨を露出させる過程を無くしてメスの代わりに特殊に考案された器具を使って歯ぐき軟組織に必要な小さな穴を作ってこれを通じてインプラントを手術する無切開インプラント手術法を取り入れて患者のインプラント手術を施行している。

. 最近数年の間多くの患者にこれを導入手術したところ痛みに対しては 90% 以上 施術後満足度を得て非常に成功的な手術法として脚光を浴びている。この手術法の長所はまず切開後に伴う手術後縫合が大部分必要なくなって手術時間が半分以上短縮されまた手術後あざができるとかむくみ(顔が腫れる現象)がほとんどなく手術後痛症がほとんどないのですぐ日常生活に復帰することができるという長所がある。

また歯ぐき切開部位が治るのにかかる時間が必要なくなってすぐ歯茎を通じた口腔衛生管理ができて手術後発生する可能性がある出血を防止するなど多くの長所がある。

ただインプラント移植に必要な歯ぐき骨の量が不足して骨の移植や付着根の移植が必要な場合には既存の手術法が不可避になる。このようなメスを使わない無切開インプラント手術法はこれまで手術に対する恐怖のために手術から遠のいていた多くの患者たちは朗報である。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「夏休みの宿題、どれぐらいに終わらせる?」です。学生のみなさーん!お盆が終わって夏休みも後半戦ですよー!夏休みといえば宿題。朝顔を持って帰って観察日記を書いたり、算数ドリルをたんまり出されたのもいい思い出です。そんな夏休みの宿題ですが、出てすぐに終わら...
FC2 トラックバックテーマ:「夏休みの宿題、どれぐらいに終わらせる?」


スポンサーサイト

プロフィール

Author:コクリニック
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

メルマガ登録

メルマガ登録・解除
韓国できれいになろう会
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。